『天海通信2022年9月号』8/26(金)発売

『天海通信2022年9月号』【CD版】ご予約商品

『天海通信2022年9月号』【CD版】ご予約商品

通常価格
¥11,000
セール価格
¥11,000
単価
あたり 
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。

『天海通信2022年9月号』
日本株に有利な局面!銘柄選択&売買機動力だ!

8月26日(金)発売!
ご予約受付中

本編音声約60分 資料&注目銘柄レポート付 11,000円(税・送料込)

『天海通信』2022年9月号の詳細は決まり次第、
無料メルマガ『天海のつぶやき』でもお伝えします。
メルマガのご登録は天海源一郎オフィシャルウェブからどうぞ

・配送希望日時は発売日の翌日8月27日(土)以降でご指定ください。
・商品は最短でお届けできるように発送いたします。
・希望日がない場合、お時間のみご指定いただけます。


<項目>

■今の相場環境は「20××年当時」と似ている、参考になる
多分、1年先の景気後退懸念は強まっていくと思われます。
ただ、それが必ず株価に
逆風となるわけではないことがすでに分かっています。
過去にも、米政策金利が大幅に引き上げられたものの、
市場がその先の「打ち止め」を織り込んだ時があります。
市場環境を見通す上で参考にできる「過去例」と考えています。
照らし合わせていきます。

■相場環境好転でこの「材料株」に再び出番が!
内需企業の業績回復傾向は変わらないと見ています。
ここまでも「リオープニング関連株」は結果が出続けています。
今年最も果実を得る視点かもしれません。
コロナ禍によって事業構造改革をした企業の株価には
大きな追い風となりそうな局面が目の前にあると考えています。
何度も「経済活動正常化」が到来し、
レバレッジ効果のように拡大し、株価にもインパクトを与えます。
個別銘柄の話をしていきます。

■ここから注目!コロナ感染第7波の「リオープニング関連株」
足元のリバウンド相場の中でも
「半導体パッケージ基板」に関連する銘柄の戻りには
目を見張るものがありました。
中心銘柄と周辺銘柄どちらも狙えるものと考えています。
もうひとつ「人の動きが活発になること」を想定し、
通常ボラティリティが大きい
セブセクターの銘柄にも狙いをつけていきます。
個別銘柄の話です。

■「バリュー株」は買えるのか?選好すべき銘柄について
この夏はグロース株優位の相場が継続しました。
その中にあって「バリュー株」の押し目について考えることになります。
振り返ると「あの時が買い場だった」ということになるかもしれません。
バリュー株には独特の選別もあります。
選好すべき銘柄をこの機会に整理しておきたいと思います。

■当面の日経平均の見通しと投資戦略
『天海通信』唯一のレギュラーコーナーです。
今月も高指数寄与度銘柄の動きも合わせて
ズバリ予想をしていきます。

■「政治」など気になる外部環境の投資家的視点
日本の政治について、マスコミをはじめ騒いでいることが多いです。
安倍元首相が死去したことを契機に、今の政権の弱点を突いているのです。
投資家の視点は「外国人投資家がどう見ているか?」です。
また相場が世の中の雰囲気に流されるかどうかについても考えていきます。
楽観ばかりではいけないと考えます。

☆注目銘柄レポート
・これはペーパーです


代金引換/銀行振込/ゆうちょ銀行/クレジットカード決済
から、お選びいただけます。
配送希望日時は発売日の翌日(8/27)以降でご指定ください

 

注)商品は全て天海源一郎の個人的な考え方に基づくものであり、何らかの投資行動を勧誘するものではありません。
最終的な投資判断はご自身の責任で行ってください。