『天海通信2022年5月号』4/22(金)発売

『天海通信2022年5月号』【CD版】

『天海通信2022年5月号』【CD版】

通常価格
¥11,000
セール価格
¥11,000
単価
あたり 
税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。

『天海通信2022年5月号』
日本株に底堅さあり!
態勢を整え「春相場」に臨む

2022年4月22日(金)発売!

本編音声65分 資料&注目銘柄レポート付 11,000円(税・送料込)

『天海通信』2022年5月号の詳細は、
無料メルマガ『天海のつぶやき』でもお伝えしています。
メルマガのご登録は天海源一郎オフィシャルウェブからどうぞ

・配送希望日時はご注文日の翌日以降でご指定ください。
・商品は最短でお届けできるように発送いたします。
・希望日がない場合、お時間のみご指定いただけます。


<項目>

■米利上げ「織り込み」の最終的イメージはこれだ
結局、株式市場にある「懸念」の中で最大のものはこれですし、
世界経済に影響を及ぼすものです。
ただ、すでにスタートしていることですので
明確に「織り込むイメージ」を持つことができる段階にも来ています。
全く先が見えないことではないと考えています。

■「年初来高値更新銘柄」で外国人投資家の心底がわかる
株式市場では4月から「昨年来高値」→「年初来高値」に移行しています。
私は「高値銘柄」へのウォッチを常にしていますが…
それは「投資家の思い」や「行動」を如実に反映するからです。
足元、大方の見方とは異なる動きも見えてきています。
高値更新銘柄はとくに短期投資の売買対象になるものでもあります。
具体的な銘柄に話を落とし込んでいきます。

■整理しておきたい「割安修正」が見通せる銘柄
懸念を織り込むと、通常「修正高」があります。
ここでは年初からの軟調相場において、割安感が目立っている銘柄の中から、
それに当てはまりそうな銘柄を取り上げていきます。
比較的時価総額が大きめの銘柄が中心になりそうです。

■この「内需テーマ」に関連する銘柄に注目する
今、内需株において最大のテーマは、
やはり「コロナ禍からの活動再開」です。ここには疑いがありません。
意外なほど内需は回復してくると見ています。
その中からやや裏方に位置するテーマ、銘柄を取り上げます。
小型株も出てきます。

■当面の日経平均の見通しと投資戦略
毎号人気のレギュラーコーナーです。
今号も相場観を駆使し予想をしていきます。

■ガイダンスリスク/弱気業績見通し常連銘柄に注意せよ
3月期決算企業の本決算発表が本格化します。
大きく個別銘柄の株価が変動する可能性がある時です。
ここで気を付けておきたいのは「ガイダンスリスク」、
なかでも毎度のように弱気業績見通しを出す企業です。
大方の目算はついていますので、具体的に銘柄名を挙げてみます。

☆注目銘柄レポート
「インフレヘッジ」と「円安恩恵」視点で選別!今の5銘柄

・これはペーパーです


代金引換/銀行振込/ゆうちょ銀行/クレジットカード決済
から、お選びいただけます。
配送希望日時はご注文日の翌日以降でご指定ください

 

注)商品は全て天海源一郎の個人的な考え方に基づくものであり、何らかの投資行動を勧誘するものではありません。
最終的な投資判断はご自身の責任で行ってください。