2021年 日経平均の推移と相場重要ポイント 

『天海通信2021年1月号』【CD版】

『天海通信2021年1月号』【CD版】

通常価格
¥10,000
セール価格
¥10,000
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

個人投資家のための
2021年相場重要ポイントと銘柄

2020年12月18日(金)~好評発売中

CD67分 資料&注目銘柄レポート付 11,000円(税・送料込)

・配送希望日時はご購入日の翌日以降でご指定ください。
・商品は最短でお届けできるように発送いたします。
・希望日がない場合、お時間のみご指定いただけます。


<項目>
■コロナで混乱した「マクロ経済」の投資家的重要ポイント
まさに今がそういう時かもしれませんが、
混乱下では判断が鈍ることがあります。
「すでにそうなっていること」は実は多いのです。
マクロの様子はそれを如実に映しだしています。
新年を迎える前に認識を新たにするための話です。

■2021年の「日経平均の推移」をイメージしてみる
例年、この時期に話をしていますが、
天海がお示しするのは、よく聞かされる
「年初上げて、年央に調整、年末高です」
というような雲を掴みにいくような話ではありません。
天海は天海のやり方でイメージを構築しています。
「こうなると危ない(←コロナ感染拡大ではない)」
についても申し上げます。

(個別銘柄集中コーナー1)
■時代の変革に乗る「大テーマ材料株」はこれだ!

本年は安倍長期政権から菅政権に移った年です。
アメリカでも政権交代がされようとしています。
過去においてもこのような変革期に「大テーマ」が生じています。
来年末に後悔しないために目を光らせていきます。
個別に銘柄を取り上げます。

(個別銘柄集中コーナー2)
■外国人投資家保有比率が高い「上昇株」と「出遅れ株」

外国人投資家が11月以降の急伸の先導役となりました。
彼らが手掛ける銘柄の種類はそれほど広範囲ではありません。
その中において「上昇株」には一段高の可能性が、
「出遅れ株」には動意の可能性があると考えています。
個別に銘柄を取り上げます。

(個別銘柄集中コーナー3)
■コロナ禍からの早期復活期待「中小型株」を探る

中小型株は「セクター主力株の動き(上昇)と
歩調が合っていない銘柄も多くあります。
株価そのものの動きと背景は丁寧に拾い上げなければなりません。
「まだアベノミクスは続いている」と思わせるものもあります。
個別に銘柄を取り上げます。

■2020年まだある!目先の日経平均の見通しと投資戦略
『天海通信2021年1月号』の発売は12月18日ですので、
まだ年内の立ち会いはたっぷりと残っています(大納会は12月30日)。
また、「正月休み」といっても4日間しかありませんし、
欧米市場は1月2日から取引があります。
(ここがミソだったりもするのです)

☆注目銘柄レポート
「2021年!先陣を切る期待の5銘柄」
+「バリュー(割安)見直し相場 台風の目1銘柄」

・これはペーパーです


代金引換/銀行振込/ゆうちょ銀行/クレジットカード決済
から、お選びいただけます。
配送希望日時はご購入日の翌日以降でご指定ください。

 

注)商品は全て天海源一郎の個人的な考え方に基づくものであり、何らかの投資行動を勧誘するものではありません。
最終的な投資判断はご自身の責任で行ってください。