天海独自の株式投資アイデアを提供するオンラインショップ

『天海通信2020年7月号』【CD版】発売中

『天海通信2020年7月号』【CD版】発売中

通常価格
¥10,000
セール価格
¥10,000
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

 

『天海通信 2020年7月号』CD版
「withコロナ」、「afterコロナ」の銘柄選択を中心に!
2020年6月26日(金)~好評発売中!
CD68分 資料&注目銘柄レポート付 11,000円(税・送料込)


・配送希望日時はご注文日の翌日以降でご指定ください。
・商品は最短でお届けできるように発送いたします。希望日がない場合、お時間のみご指定いただけます。
<項目>
「コロナ後」の勝ち組要件を明確にしておく
「コロナ前」とは「要件」が変化したと考えています。
日経平均の水準には表れないことです。
だいたい4-5項目の勝ち組要件があります。
それを明らかにしていきます。銘柄選択の礎となります。


高値圏にある「コロナ期チャンピオン銘柄」の上手な売買
安値圏銘柄への投資が正解になるとは限りません。
「安い時に買って持っていればいい」は過去幾度となく否定されています。
良い銘柄の株価は高いことがほとんどです。
今「チャンピオン銘柄」といえる域に達した銘柄がいくつもあります。
個別銘柄を取りあげた上で「売買の仕方」について話します。


さらに進んでいく「コロナ後の材料株選択」について
材料株は「テレワーク関連株」だけではありません。
時間の経過、物事の進展によって新たに認識されることがあり、
それに関連する銘柄には動意が見られます。
テーマと銘柄を取り上げていきます。


6/24再開!「魅力的なIPO(新規上場)銘柄」がたくさんある
6月24日にIPOが再開されます。
もちろんそれらの中から魅力ある銘柄を取り上げます。
(初値形成後のことをイメージします)
同時に、IPO活況時に表れる動きについても指摘します。


当面の日経平均の見通しと投資戦略
『天海通信』唯一のレギュラーコーナーです。
今月もしっかり見通していきます。


大変化!「コロナ後の米中対立」イメージはできているか?
「香港問題」や「中印国境衝突」など、中国に関する動きが、また多くでてきています。
米中対立は以前からありますが、 その色彩は変化していくものと考えます。
「世界の関心」のセンターに位置することです。
軽視しないようにしていきましょう。


 
☆注目銘柄レポート
「10万円給付金効果!?想定外の消費関連株6選+α」
・これはペーパーです


代金引換/銀行振込/ゆうちょ銀行/クレジットカード決済
から、お選びいただけます。
配送希望日時はご注文日の翌日以降でご指定ください。
注)商品は全て天海源一郎の個人的な考え方に基づくものであり、何らかの投資行動を勧誘するものではありません。
最終的な投資判断はご自身の責任で行ってください。